読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

優勝のメタファー

ヤサイニンニクアブラでお願いします。

就活をして思ったこと

こんにちは。きむちゃん。です。今日は毛色を変えましてシュールなギャグです。

実は、僕は最初のうちは院進学100%で考えてたのですが、ある理由があり就活っぽいことをしていまいした。そこで感じたことがあったのでこれから就活の人の指針になればいいなと思って投稿させていただきました。


ある理由とは

院進学しても、2年間のビジョンがぶっちゃけよくみえない。 そんな人は多いと思います(僕もそうでしたし)。そこで、企業を見ることによって院卒業後を考えることができます。逆算的に院の2年間でどういうことを自分ですれば良いかが見えてくるという理論で企業説明会などに参加してました。


なんやかんやあり、就活の本質を感じたので書かせていただきます。

本当の自分が見つかる

就活すると自己分析しますよね、自己分析しなくても面接を通して勝手に自己分析されるようになってます。
で、自分の内から本当に出る内的動機を大切にしてほしい。
就職する気がなくて開発意欲が湧かない人も、就活で本当に自分のやりたいことのヒントがつかめると思います。

自分の生き方を見つけてほしい

社会人って人生の半分くらいの時間普通は属するものなのです。それをただの金稼ぎにするのはもったいなさすぎる。
年収って1000万とかあってもそんなにいらないかなと思いました
エンジニアってそこまでお金に困んなくね?
じゃあ、内的動機が湧く職場で働いたほうが満足度は高いなぁと。

業種で選ぶのではなく企業を見てほしい

本当に自分に合った企業は、企業をちゃんと見ないとわかんないです。 ので、いっぱい企業の情報を集めましょう。合同説明会とかぱぱっと企業の感じがわかって回転率早いので効率いいと思います。

とりあえずこんな感じです。なんとなーくどこでもいいやー。とか思ってる人は考え直してもいいんじゃないかなーって思います!それでは!